ワインハートblog

ワインハート管理人のワイン日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

モレ・サン・ドニ 2004 ジャッキー・トルショー

類いまれな個性をもつ、ブルゴーニュワイン

シャンボール・ミュジニィや、モレ・サン・ドニに畑を持つジャッキー・トルショーのワインです。この人のワインはその独特な味わいによって多くの人に支持されてきました。
色はノンフィルトレのため濁った色調、少し濃いルビーでしょうか。そして独特なこの香り、シュール・リーからくるのだと思いますが、とても印象的なイースト香、食パンの白い部分、もっと言ってしまうと上品なお吸い物や、よくつけ込んだ肉のような印象。以前はもっと個性的でまるでパーマ液のようとまで言われたものですが、時間も経って落ち着いてきました。

モレ・サン・ドニ 2004 ジャッキー・トルショー

味わいも深く、果実味主体ですが酸の乗りが穏やかでとてもまろやかな印象。世の中にはこんなワインがあるんだなと思わせる香りと味わいです。
ですが、トルショーのワインはもはや飲めません。ネットでいくら探してもほとんど出てこないでしょう。2004を最後に惜しまれつつも引退し、後継者のいなかった彼の畑はダヴィド・デュバンの手に渡りました。
もし、レストランのリストにトルショーの名前を見つけたら、その個性を感じてみるのも一興だと思います。そしてその味を好み、求めて行くならばその特徴は若い世代に受け継がれて行くのでしょう。


ダヴィド・デュバン -ワイン・ハート

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。