ワインハートblog

ワインハート管理人のワイン日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

シャトー・ブースカッセ ブラン 2003

不思議な味わいと香りを見せる辛口白ワイン

ボルドーの南に南西地方と呼ばれる地域があります。その中のアペラシオン、マディランで一番有名なワインはおそらくシャトー・ブースカッセでしょう、かのトム・クルーズも愛飲してるとかで有名になりました。タナという品種から作られるそのワインはとても強いタンニンを持ちながら見事なバランスを保っています。
ただし今回飲んだのはそれの白、アペラシオンはパシュラン・デュ・ヴィック・ビル・セック。パシュラン・デュ・ヴィック・ビルと言うと甘口なのですが、これはセックが付くので辛口のワインとなります。飲んだこと無かったので飲んでみましたという感じです。

色は輝きのある黄金色という印象、本来遅摘みにして甘口にもできるブドウを完全に発酵させて辛口にしたということなのででしょうか?香りもそのような印象、例えばアンズや、ハチミツのような印象が強いですね。グレープフルーツなどの香り、それからミネラル、白こしょうなどのスパイス系の印象もありますね、嫌み無く樽香のヴァニラ系の香りが付けられています。新樽比率は50%だそうです。

シャトー・ブースカッセ ブラン 2003

味わいは果実味主体ですがとてもミネラルの印象が強いですね、酸もちゃんとある感じです。いろいろなものか絡み合った複雑な味わいです。メロンのような印象もあります。正直不思議な味わいで、今までにこんな味わいはあまり経験したことが無いのでなんとも言いようが無いですね(笑)、でもなかなかおいしいと思いました。
何と合わせるのがいいのかなと思い浮かべていたんですが、コンテなどの少し癖のあるシェーブルのチーズですとか、メロンの印象ってことで塩気が多い生ハムですとか、若干癖のある物がおいしいかなと思います。この手の味はそれに負けない複雑さをもっていますしまた口の中を洗い流してくれるさようもあります。
残念ながらネットではこの白を見かけることが出来ませんでしたが、ちょっと変わった物を飲んで、なにと合わせるのがおいしいかなーと思い浮かべてみるのも楽しいですね。


シャトー・ブースカッセ -ワインハート

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2012-03-07(Wed)21:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。